前へ
次へ

リンパマッサージをセルフで行う場合の注意点

リンパマッサージを実践する場合、手で実践すると強くやってしまいそうで怖いという人も少なくありません。もちろん自分の手で実践することほど手軽でリーズナブルな方法はありませんが、不安な場合はローラーやカッサを利用するといいでしょう。ローラーやカッサといわれている美容アイテムは、適切に力を加えて実践することによって、肩こりや疲労だけではなく、通常であれば手が届かない部分をもきれいにマッサージしてくれるといわれています。ただし、実践する時には自分の手で持って疲れないものを選びましょう。手で持って疲れる重さのあるものの場合、力を入れずにリンパへの刺激が可能ですが、全身行う場合には疲れてしまう可能性が高いです。自分の手のサイズに合わせて利用することが望ましいでしょう。また、定期的に常温の水を飲むことでカフェインなどの刺激物を取り入れることなく、身体への負担をかけない排出が可能です。特に多くの人にいわれているポイントとしてあげられているのは、入浴後に実施することが必要となります。ただし、人によっては代謝率を高めてから実践することで、リンパの流れを更に活性化させることにつながるため、リンパマッサージをしてから半身浴をしてみるのもいいでしょう。発汗作用が高まるため、リンパからの老廃物をより排出しやすくなります。熱いドリンクの場合は体内をやけどしてしまう可能性が高く、冷たい物の場合には身体を冷やして帰って老廃物排出を妨げてしまう可能性も懸念されているからです。積極的にケアを行った前後についても考えておくことが、身体的な負担を最低限にしてケアを行えるでしょう。人によっては浴室内でリンパマッサージをすることもできます。石鹸の泡をオイルやクリーム代わりに実践することで、肌への負担を低減し、適切に老廃物を排出できるようになるといわれていますが、あまり長時間実践すると肌が乾燥してしまう可能性もあるため、短時間実践することが望ましいです。また、泡を流して半身浴を済ませてからすぐに保湿を行うようにすると、肌に負担をかけずにリンパの流れを活性かできます。

https://sumahoshuuri.com/
デバイストラブルは新宿スマホ修理王にお任せください

https://flora.men-este.com/
最高の癒やしを東京の皆様にご提供しています

渋谷 出張マッサージ

https://toyoake-dent.jp/works/child/
永久歯になり始めた今こそ定期健診にお越しになりませんか?

Page Top